腎疾患専門外来

外来での治療の対象とする主な疾患とその症状

わが国では毎年3万6千名の慢性腎不全患者さんが、新たに透析療法に導入されています。 慢性腎不全は生命維持に不可欠な臓器である腎臓の機能不全が不可逆的に進行して、最終的には透析療法を必要とする疾患で、 その原因は糖尿病や高血圧、腎炎などです。
慢性腎不全は進行性で、治癒させることはできませんが、最近、 食事療法や薬物療法でその進行をゆっくりにさせ、透析療法への導入を遅らせることが可能になってきました。 当外来では、慢性腎不全患者さまの腎機能低下を少しでも抑え、透析療法への導入を少しでも遅らせることと、 最終的には避けることのできない透析療法へスムーズに導入していくことを目的として診療を行っています。

治療に関する当外来の基本的方針や特色

慢性腎不全患者さまは適切な管理により、腎機能低下の速度を遅くすることができること、最終的には透析療法への導入は避けることができないことをふまえて、患者さま、ご家族と医療者が協力して治療にあたっています。
基本的方針1
慢性腎不全患者さまは透析導入直前まで症状が出てこないことが多く、血液検査や尿検査が必須になります。
当外来では迅速検査を院内にて行い、当日の検査成績をもとに、治療計画を組み立てています。
基本的方針2
慢性腎不全は食事療法等の生活すべてが治療の対象です。
当外来では毎回の診察日に腎臓病専門医、看護師、管理栄養士、薬剤師で教育・相談対応をしています。上記専門職にソーシャルワーカーも加わり定期的に腎臓病教室を開催し、疾患への理解と促進し、治療と生活の両立が図れるようアプローチしています。
基本的方針3
透析療法には血液透析と腹膜透析があり、それぞれ一長一短があります。当院は、血液透析、腹膜透析のどちらにも対応できます。
透析療法への移行をスムーズにするために、専門のスタッフが血液透析と腹膜透析について詳しいご説明をして、患者さまに適した透析を選択できるようにお手伝いしております。。




PAGE TOP

Copyright(c) 2009 JINSHINKAI GROUP All Rights Reserved.