血液透析

血液透析について

血液透析は末期慢性腎疾患に対して、日本でもっとも広く行なわれている治療法です。仁真会でも多くの方が血液透析を受けておられます。

仁真会における血液透析の特徴

仁真会では、白鷺病院開設以来、より良い血液透析を目指してさまざまな取り組みを行なってきました。その成果として、次のような特徴を挙げることができます。

1、専門スタッフによるトータルケア

専門スタッフによるトータルケア
透析専門医をはじめ看護師・臨床工学技士、さらに栄養士・薬剤師・ソーシャルワーカーといった専門スタッフが、それぞれの専門能力を活かしながら皆さまの透析生活をバックアップしております。
また、血管アクセスセンターを開設し、シャントトラブルに迅速に対応できる体制を整えております。

2、充実の合併症対策

透血液透析を継続していくと種々の合併症とも上手に付き合っていかなければなりません。白鷺病院では副甲状腺摘出術(PTX)や手根管開放術を実施しているほか、 さまざまな合併症に対して近隣医療機関とも連携しながら継続的に対応しております。

3、きれいな透析液の提供

きれいな透析液、つまり透析液の清浄化は良質な血液透析にとって不可欠な要素です。仁真会では、臨床工学技士を中心に、水質管理・機器のメインテナンスを通して皆さまにきれいな透析液を提供し、合併症予防とQOL向上の一助としております。

4、長時間透析の実現

誰でも長寿を望む気持ちはあるものですが、できれば少しでも元気で過ごす時間も長いほうが望ましいでしょう。透析患者さまの場合、そのためには「透析時間の長さ」がひとつの鍵になっていることはさまざまな調査から明らかになっています。
仁真会では一人でも多くの透析患者さまに「元気で長生き」を実現して頂きたいと考え、すべての施設において4時間以上の透析を可能とする体制を整備しております。
長時間透析の実現

5、多様な透析時間

透析患者さまから聞かれる悩みのひとつに、「仕事や家庭生活とのバランス」が挙げられます。週3回決まった曜日・時間を血液透析に充てると、それに合わせて仕事や家事のやり繰りを考えなければいけません。
そこで、仁真会では少しでも皆さまのご負担が軽くできればと、早朝透析・夜間透析に取り組んでおります。透析を早く終えてあとは自分の時間として過ごしたい、あるいは仕事帰りに1日の締めとして透析を受ける、このような時間の過ごし方を可能にしています。


施設名 午前 午後
白鷺病院 (1) 8:00〜13:00
(2) 8:30〜13:30
(1)14:00/14:30〜19:45
(2)13:00〜18:00
(2)20:30〜翌朝5:15
        (月水金のみ)
      ※ご確認ください
白鷺診療所 (1) 9:00〜14:30
  10:00〜15:30
(1)15:00/15:30〜20:45
白鷺南クリニック (1) 9:00〜14:00
   9:30〜14:30
(2) 9:30〜15:00
  10:30〜16:00
(1)14:30/15:00〜20:15
(2)16:30〜22:45
北巽白鷺クリニック (1) 8:30〜13:30
   9:30〜15:00
(2) 9:00〜14:30
  10:00〜15:30
(1)14:00/15:20〜21:45
(2)15:00/16:00〜21:45
藤井寺白鷺クリニック (1) 8:30〜13:30
(2) 9:00〜14:30
月水金
  14:00/15:00〜21:45
火木土
  14:00/15:00〜19:45

6、在宅血液透析

在宅血液透析の受け入れ開始について

医療法人仁真会 白鷺病院では2014年11月より、在宅血液透析の受け入れを開始しました。
患者さんのご希望があり、下記のような適応基準にあえば実施可能です。
お問い合わせは電話もしくはE-mailにて「在宅血液透析について」とお伝えください。
担当者から回答いたします。

・電話番号: 06-6714-1661(代表) 平日 9時〜16時
・E-mail: kidney@shirasagi-hp.or.jp

                                        医療法人 仁真会 2014年11月1日


在宅血液透析とは

在宅血液透析とは医療機関の管理のもと、ご自宅に透析装置を設置して患者様ご自身の管理で行う透析療法です。
施設透析とは違い、ご自身のライフスタイルに応じた透析治療が可能ですが、準備・開始(自己穿刺等)から終了・片付けに至る一切の作業をご自身で行っていただくことになります。そのために事前準備として、必要な知識と技術習得の訓練を医療機関(白鷺病院)で受けていただく必要があります。また原則介助者を必要とします。
在宅血液透析の特徴としては、施設透析とは違い、ご自身で自由な透析スケジュールの設定ができるので、お仕事やご家族との大切な時間を持ちつつ、生命予後が良いとされる長時間透析や連日透析を行うことが可能なことです。一方で医師や医療スタッフが付き添うことができないため、在宅血液透析に関する一切の作業や体調管理について、ご自身で管理・責任を負っていただくことになります。


在宅血液透析の適応基準

・ご本人の強い希望がある
・介助者の同意と、その他の家族も協力的であること
・ご本人、介助者ともに教育訓練を受けることができ、その内容を習得できること
・安定した維持透析ができていて、在宅血液透析の支障となるような合併症がないこと
・緊急連絡を取るための手段があること
・ご自宅が透析装置設置の条件※を満たし、透析装置と必要物品の在庫保管場所が確保できること
・電気・水道代等の経費負担ができること
・透析施設の職員が訪問できる範囲にご自宅があること(病院より1時間程度)
・最低月1回は受診できること

※建物の条件
@上下水道が整備されていて水道水圧力(井戸水、地下水不可)2kPa確保できる
A単独電源20Aが必要
B透析装置やRO装置設置場所として1畳程度のスペースに加え、約1か月分の必要物品保管スペースとして押入れ半分程度必要


在宅血液透析に移行するまでの流れ

在宅血液透析に移行するまでの流れ

仁真会が提供する透析へのご案内



PAGE TOP

Copyright(c) 2009 JINSHINKAI GROUP All Rights Reserved.