医療安全管理科

医療安全管理科について

医療安全管理科について
医療安全管理科は「安全管理」と「感染管理」を担当し、それぞれ
担当者1名ずつで構成しています。

仁真会全施設の医療安全に関することを担当しています。

安全管理

「人間は必ずミスを起こす」ということを前提とし、そのミスが重大な事故につながらないように予防策をたて、患者さんの安全を最優先に確保することがリスクマネジメントの基本です。医療現場でリスクはさまざまな形で存在しますが、そのリスクを発見し、リスクが事故につながるのを防止するために病院全体として組織的な体制を構築し,リスクの把握,分析,対処及び評価を継続的に行っていきます。
仁真会の各部門において、事故防止や安全問題について中心的な役割を担っています。実際の主な業務内容を紹介します。
  1. 院内の事故報告などに関する情報管理
  2. 医療安全のための委員会活動
  3. 医療安全のための部署間調整、対策の提案
  4. 医療安全のための指針やマニュアル作成
  5. 医療安全に関する研修・教育や院外からの情報収集と対応
  6. 医療安全のための院内評価業務
                                                      医療安全管理指針

実際の活動

事例検討委員会
(1)医療安全管理委員会
仁真会では1999年4月に事故防止委員会が発足し、これが発展した形で医療安全管理委員会と名前を変え事故や事故につながる事例の報告・検討体制を整備しました。病院長を委員長に、医師や各部門の兼任リスクマネジャー等からなる11名の委員で運営しています。毎月1回定例会議を開催し、インシデント・アクシデント報告書の提出状況や医療事故の調査・分析および今後の対策について検討しています。

また、藤井寺白鷺クリニック・北巽白鷺クリニックへも出向き、スタッフとのミーティングを開催して情報収集や対策の周知、現場での問題点やリスクについての話し合いを持っています。
(2)各部署への周知
会議の内容や日々の医療ニュースに関する情報は、医療安全管理科より院内メールで各部署に発信し、各科部科長を通じて全スタッフに伝達されます。また、院内で生じた事例の原因・対策とあわせて、毎月医師・部科長で構成される会議で紹介し、院内の情報共有化と職員への注意喚起を図っています。

(3)リスクの発見と対策のモニタリング
いくら適切な対策を立て、各部署へ知らせても、現場の職員自身が実行していないと事故防止にはつながりません。また、現場で実行困難な対策を押し付けてしまっては、かえって作業効率に影響を与え、対策そのものがリスクとなってしまいます。専任リスクマネジャーは適時各部署のラウンドを行い、対策の実施状況や問題の有無などを現場の兼任リスクマネジャー・サブリスクマネジャーと協働し、評価・監視を実施しています。ラウンドでは、スタッフからだけでなく患者さんからも情報収集を行い、リスクの早期発見や対策の遂行状況を把握するように努めています。
リスクマネジメントの取り組みは永遠に終わることがありません。これからも、仁真会全体で「安全な医療の提供」を目指して着実に取り組んでいきたいと思います。
最後に、医療事故の防止には、患者さんのご協力も欠かせません。当院でも、患者さんからのお尋ねやご指摘があったために、事故が未然に防止できた事例も経験しております。「事前の説明と少し違っている」「前回のもらったお薬より粒が大きくなっている」など、何かおかしいなと感じた方は、どうぞお気軽にスタッフへお申し出ください。

感染管理

日本看護協会の感染管理認定看護師の認定をうけ、感染管理に関することを行っています。
感染管理認定看護師は、院内感染サーベイランスをはじめ、感染管理教育、感染防止技術、職業感染防止、感染管理相談、ファシリティマネジメントなど様々な活動を行っています。その活動は組織横断的に、他職種と協力して院内感染対策に努めています。感染管理は患者さまや面会者、全ての医療従事者、清掃員などの外部委託業者など施設に出入りするすべての人が対象です。病院という施設の中で感染対策が必要でない部署はありません。感染対策は、感染症の有無に関わらず"日常的な実践"が感染予防に繋がります。そのため、継続した職員教育やサーベイランスを行い、院内の感染対策の質向上に向けて取り組んでいます。
患者さまが安心できる医療環境の提供、職員が安心・安全に仕事ができる職場環境を提供するために、院内における感染対策の標準化を行い、感染対策に日々取り組んでいます。
院内の感染対策委員会

小委員会は、透析部門と病棟・外来部門とに分かれており、それぞれの部門の感染対策を担当しています。透析部門が別に設けられているのは、多数の患者が同時に透析を行い、血液が飛散する可能性のある特殊な環境であること。また、透析患者は免疫不全であり、高齢者も多いなど病棟や外来とは別の感染対策が必要であるという考えから、小委員会を設け感染対策を担当しています。

看護部感染対策委員会も設置し、各部署における感染対策のモデルになれるようにスタッフ育成も行っています。

医療安全に関するご相談

当院の患者様・ご家族の方より医療安全に関するご相談をお受けしております。ご相談やご質問などがございましたらお気軽に下記窓口の職員までお申し出ください。医療安全管理者が対応させていただきます。

窓  口:白鷺病院 医療福祉相談室(病院1階 受付横)
受付時間:月曜〜土曜 午前9時〜午後5時(ただし、祝日・12月29日〜1月3日はお休み)



PAGE TOP

Copyright(c) 2009 JINSHINKAI GROUP All Rights Reserved.