• HOME
  • 部門紹介
  • 血管アクセスセンター:血管アクセスセンターについて

血管アクセスセンター

外来での診療の対象とする主な疾患とその症状

外来での診療の対象とする主な疾患とその症状イメージ
血液透析を行ううえで血管アクセスの確保は大きな問題です。 高齢者や糖尿病患者の増加につれて、血管の性状や動脈硬化の進行、心機能の問題のために、必ずしも自己血管内シャントを作成できる患者さまばかりとは限りません。
また、血管アクセスを確保できたとしても、その後閉塞や血流低下により透析困難となる症例も見られます。 長期透析になると、シャント部に瘤ができたり、シャントがあるために心機能に影響が出たりする場合もあります。

当院ではこのような透析患者さまの状況を踏まえ、平成15年より血管アクセスセンターを開設し、血液透析導入にあたっての血管アクセスの作成はもちろん、 血管エコーやシャント造影といった検査、カテーテルにより行う血管拡張術・血栓除去術などを駆使した血管アクセスの管理に取り組んでおります。

主な疾患における診断と治療

白鷺血管アクセスセンターでは血管エコー検査の導入により、患者さまに最適な血管アクセスを作成できるようにしております。 前腕の自己血管内シャントを第一選択肢として、自己血管内シャント作成困難な症例に対しては上腕動脈表在化、グラフト(人工血管)内シャント造設を行います。
主な疾患における診療と治療イメージ
また、血管アクセスの血流低下や閉塞が見られる場合には、血管エコーやシャント造影を行います。そのうえで血流低下や閉塞の原因に応じて、血管拡張やステント留置、血栓除去、シャント再建術、グラフト部分置換術・延長術などの治療を行います。 まれに、自己血管・グラフトのいずれの方法でも血管アクセス作成が困難な症例もあります。このような症例では、長期留置カテーテルの埋込にて対処しています。 これらの治療はほとんどの場合、通院で対応しております。人工血管移植術などの場合には入院して頂くこともあります。


外来で実施する検査について

【血管エコー検査】
血管の状態やアクセスの状況を見るための検査です。非侵襲的検査で時間もさほどかかりませんから、患者さまにはご負担をかけません。 当センターでは、人工血管移植術を実施した患者さまには、血管エコーによる定期検査(予約制)を受けて頂き、日頃の管理に役立てて頂けるようにしております。

【シャント造影】
血管エコーにより異常が認められた場合には、シャント造影を行います。
上腕よりカテーテルを挿入し、造影剤を流してシャントの血流、狭窄の有無を調べます。必要なときはカテーテルによる治療も行います。



PAGE TOP

Copyright(c) 2009 JINSHINKAI GROUP All Rights Reserved.