• HOME
  • 仁真会のご紹介:病院機能評価

仁真会のご紹介

病院機能評価

認定書


白鷺病院は、平成10年度にはじめて(財)日本医療機能評価機構による審査を受け、平成25年度には一般病院1としての新たな評価(機能種別評価版評価項目3rdG:Vr1.0)で3度の認定更新を受けております。

評価結果は(財)日本医療機能評価機構のホームページでご覧いただけます(当院の評価結果は こちらからご覧いただけます)。

日本で唯一の、医療機関の機能を学術的・中立的に第三者評価するために設立された機関である(財)日本医療機能評価機構による病院機能評価は、下図の4領域にわたり、領域ごとに設定された項目ごとに4段階(S:秀でている.A:適切に行なわれている.B:一定の水準に達している.C:一定の水準に達しているとはいえない)で評価されます。

病院機能評価項目

評価内容はたびたび見直されており、見直しのたびに医療機関に求められる内容・水準が上がってきております。評価は、 「書面審査」と「訪問審査」からなり、各項目すべてにおいて、原則としてB以上の場合に認定書が交付されます。全国で8558ある病院のうち、この認定書が発行された病院は2353病院あります(平成26年1月現在)。

一般病院1というのは、概ね200床未満の病院が対象で「地域に密着し、住民に身近な医療機関として、概ね二次機能(一般的な入院を受け入れる機能) までの医療に対応している比較的規模の小さい病院」とされています。認定を受けることは、第三者から一定水準の医療サービスを提供できていると評価されたものと考えられます。 当院は、この結果に甘んじることなく、腎・尿路系の専門病院としての矜持を保ち、今後もよりよい透析医療と医療サービスの提供を目指して頑張ってまいります。



PAGE TOP

Copyright(c) 2009 JINSHINKAI GROUP All Rights Reserved.