沿革

1974年 1月 病院開設 職員数:院長 山川眞 以下22名(病床22床、透析ベッド20床)
  2月 保険適用
  2月 診療開始  透析患者 3名、一般外来患者 4名
  11月 基準給食・基準寝具認可
1975年 2月 週休2日制・特別休暇・特別賞与制度スタート
1976年 2月 医療法人認可(理事長 山川 眞)
1977年 3月 病院増改築完成(病床31床・透析ベッド31床に)
  6月 世界初の多人数供給装置による重曹透析開始
1979年 11月 付属診療所開設(透析ベッド20床)
1981年 2月 CAPD開始
1982年 9月 病院改築完成(病床44床)
1984年 8月 CAPD指導室設置(病床41床に減)、CAPD施設基準認可(大阪初)
  12月 診療所増改築完成(透析ベッド28床に)
1986年 9月 第27回大阪透析研究会主催(会長 山川 眞)
1987年 1月 山本忠司、大阪大学より医学博士号授与(医師以外で初)
  10月 昭和町診療所開設(院長 橋中保男、透析ベッド24床)
1986年 10月 病院移転開設(現病院、病床92床、透析ベッド50床)
1989年 4月 旧病院を改築し診療所移転開設(透析ベッド60床)
旧診療所閉鎖。
昭和町診療所を譲渡、橋中診療所となる。
基準看護、基本看護認可
  12月 基準看護特I類認可
1990年 8月 基準看護特II類認可
1991年 3月 特定医療法人承認(1990年4月1日に遡り認可)
  4月 診療所に理学療法室設置
1992年 12月 理学療法(II)施設基準認可
1993年 6月 第4回サイコネフロロジーカンファレンス
第2回腎不全外科研究会主催
(ともに会長 山川 眞)
  10月 病院改築(眼科診察室、MRI室設置)
  11月 一部の透析室で3サイクル開始
  12月 理事長・院長 山川 眞 逝去
新白鷺病院院長 金 昌雄
新仁真会理事長 山川智之
1994年 2月 創立20周年式典、記念業績集発刊
  5月 ESWL(体外衝撃波腎尿路結石破砕装置)導入
  9月 基準看護特III類認可
  10月 新看護基準2対1[A加算]認可
  11月 診療所改築(4階に透析室開設、診療所透析ベッド90床に)
1995年 1月 阪神大震災(緊急患者計65名収容)
1997年 3月 小路白鷺クリニック開設(院長 寺田隆久、透析ベッド34床)
病院標榜科目 放射線科が追加承認
  9月 第49回大阪透析研究会主催(会長 金 昌雄)
1998年 9月 シャント専門外来開設
1999年 1月 白鷺病院創立25周年式典
白鷺病院、(財)日本医療機能評価機構より病院機能評価の認定(一般病院種別A)を受ける
附属診療所院長 瀬尾敬 逝去
2000年 10月 第4回アクセス研究会主催(大会長 金 昌雄)
2001年 8月 白鷺病院附属診療所から白鷺診療所に名称変更
2002年 4月 白鷺南クリニック開設(院長 加藤禎一、透析ベッド30床)
  9月 白鷺南クリニック2Fフルオープンに伴い3サイクル透析廃止
  10月 白鷺診療所増築(CAPD室移転など)
2003年 12月 白鷺血管アクセスセンター開設(センター長 平中俊行)
2004年 1月 糖尿病外来開設
  2月 白鷺病院創立30周年式典
  3月 白鷺病院、厚生労働省より医師法に基づく臨床研修病院として指定を受ける
  4月 白鷺病院、(財)日本医療機能評価機構より病院機能評価の認定(一般病院)を受ける
  6月 小路白鷺クリニック院長が寺田隆久から山川健次郎へ交替
  7月 藤井寺白鷺クリニック開設(院長 寺田隆久、透析ベッド30床)
  8月 新オーダーリングシステム(ソフトウェア・サービス社、フルオーダー)稼動
2005年 7月 白鷺病院院長に山川智之着任
  8月 電算レセプト請求開始
  10月 ASO(閉塞性動脈硬化症)専門外来(現・フットケア外来)開設
2006年 4月 新看護基準10対1認可
  9月 7時45分開始の早朝透析導入(病院第1透析室にて)
  8月 特別医療法人認可
2007年 4月 白鷺診療所・小路白鷺クリニック・白鷺南クリニック・藤井寺白鷺クリニック 
自立支援医療(腎臓)の指定を受ける
  10月 新白鷺血管アクセスセンター部長 向井資正
2008年 3月 入院カルテを電子カルテに移行
  9月 第71回大阪透析研究会主催(会長 山川智之)
  12月 白鷺病院透析室を改装し、
透析機器をリニューアル(透析ベッドを3床削減し、47床に)
2009年 1月 泌尿器科にて尿路結石症に対するレーザー治療導入
  2月 藤井寺白鷺クリニック 火木土午後を一部オープン
  5月 日本医療機能評価機構より更新認定を受ける
  8月 小路白鷺クリニックを移転させ、生野区巽北に
北巽白鷺クリニック開設(院長 山川健次郎  透析ベッド98床)
2010年 4月 白鷺病院院長に庄司繁市着任(山川智之理事長職専任)
藤井寺白鷺クリニック院長が寺田隆久から前川きよしへ交替
北巽白鷺クリニック院長が山川健次郎から寺田隆久へ交替
  8月 白鷺病院にてオーバーナイト透析開始(9床)
2011年 5月 第22回日本サイコネフロロジー研究会主催(大会長 山川智之)
  8月 オンラインHDF導入
2012年 2月 診療所建替えのため、透析部門を閉鎖
透析患者135名は北巽白鷺クリニック4階への通院透析開始
  3月 血液透析中の運動療法開始
2013年 2月 白鷺診療所新築(理学療法室廃止、眼科外来休診)
透析ベッド(2フロアー68床)
北巽白鷺クリニック4階での透析患者93名受け入れ開始
病院泌尿器外来を移転
CAPDセンターをPDセンターへ名称変更
  4月 白鷺病院副院長に奥野仙二、田部茂が着任
白鷺診療所院長が奥野仙二から山川健次郎へ交替
2014年 1月 日本医療機能評価機構より更新認定(3rdG:Ver.1.0)を受ける
2015年 2月 第5回透析運動療法研究会主催(大会長 庄司繁市)
  4月 白鷺病院増築
診療支援部門移設し、旧病院内改修工事着工
2016年 3月 病院透析室2Fへ移転(52床)
  5月 在宅血液透析開始
  6月 透析部門電子カルテ稼働
  8月 病院3F病棟改修 障害者病棟稼働(30床)
  11月 第36回社団法人日本マグネシウム学会学術集会主催(世話人 奥野仙二)
  12月 病院4階病棟改修一般病棟(30床)
2017年 7月 病院5階病棟改修完了
3F・4F一般病棟(各30床)、5F障害者病棟(32床)稼働
2018年 7月 藤井寺白鷺クリニック 火木土の午後透析を閉鎖
  11月 野崎クリニックを医療法人仁真会へ事業継承し、仁真会 野崎クリニックとなる