新着情報一覧

2018年 What's New

2018/10/30
2018年11月1日より、野崎クリニックは医療法人仁真会へ事業継承し、仁真会 野崎クリニックとなりました。
2018/10/30
ホームページリニューアルのお知らせ
2018/08/16
職員募集ページに臨床工学技士を追加しました。
2018/07/05
2018年7月16日より、藤井寺白鷺クリニック 火木土午後の透析を閉鎖致します。

Topへ

2018年 What’s New(過去のアーカイブ)

  • 職員募集ページに厨房正職員募集(パート同時募集)を追加しました。(03/30)
  • 職員募集ページに臨床工学技士を追加しました。(02/27)

Topへ

2017年 What’s New

  • 血管アクセスセンターの外来担当表を修正しました。(11/18)
  • 職員募集ページに管理栄養士(正職員)を追加しました。(06/26)
  • 職員募集ページに臨床検査技師(正職員)を追加しました。(06/15)
  • 職員募集ページに厨房正職員募集(パート同時募集)を追加しました。(04/18)

Topへ

2016年 What’s New

  • 2016年10月より腎疾患専門外来の診察担当医が変更となります。詳しくは各科外来担当表をご覧ください。(10/01)
  • 日本透析医会の提唱する自主機能評価指標に基づく当法人の指標を更新しました(2016/7/13)。詳しくはこちらよりどうぞ。(07/13)
  • 2016年4月より外科、腎疾患専門外来、血管アクセスセンター、フットケア外来の診察担当医が変更となります。詳しくは各科外来担当表をご覧ください。(04/01)
  • 白鷺病院透析室をリニューアルし、オーバーナイト透析を増床しました。 また、午後通院透析に送迎対応を開始しました。詳細はこちらからご覧ください。(03/28)

Topへ

2015年 What’s New

  • 2015年11月より、腎疾患専門外来の診察時間および診察担当医が変更となります。詳しくは外来担当表をご覧ください。(10/08)
  • 職員募集ページにソーシャルワーカーを追加しました。(09/01)
  • 透析運動療法のページをオープンしました。詳細はこちらからご覧ください。(07/28)
  • 2015年4月13日より、白鷺病院の新棟がオープンしました。詳細はこちらからご覧ください。(04/13)
  • 2月1日より、仁真会 基本方針の変更を行いました。詳細はこちらからご覧ください。(02/01)

Topへ

2014年 What’s New

  • 11月1日より、在宅血液透析受け入れを開始しました。詳細はこちらからご覧ください。(11/01)
  • 11月3日より、白鷺診療所午後透析での送迎対応を開始します。詳細はこちらからご覧ください。(10/15)
  • 医療関係者のみなさまへ「研究」ページ内の当院の実績紹介を更新しました。詳細はこちらからご覧ください。(09/22)
  • 2014年8月より、内科および腎疾患専門外来の診察担当医が変更となります。詳しくは外来担当表をご覧ください。(08/01)
  • 医療関係者のみなさまへ「研究」ページを更新しました。詳細はこちらからご覧ください。(07/08)
  • 日本透析医会の提唱する自主機能評価指標に基づき当法人の指標を公開しました。詳しくはこちらよりどうぞ。(05/29)
  • 院内での携帯電話ご利用について、詳細はこちらからご覧ください。(05/28)
  • 白鷺病院増改築工事が始まりました。2015年1月竣工予定で、病院増築・立体駐車場建築工事中です。工事期間中の騒音・振動等でご迷惑・ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。完成図はこちらからご覧ください。(04/07)
  • 2014年4月より、内科および泌尿器科の診察担当医が変更となります。詳しくは外来担当表をご覧ください。(04/01)
  • 2014年1月6日付で、(財)日本医療機関評価機関より一般病院1としての新たな評価(機能種別評価版評価項目3rdG:Vr1.0)で3度の認定を受けました。詳細はこちらからご覧ください。(01/31)

Topへ

2013年 What’s New

  • 2013年9月より、内科の診察担当医が変更となります。詳しくは外来担当表をご覧ください。(09/01)
  • 医療安全管理科のページを更新しました。詳細は医療安全管理科ページをご覧ください。(07/04)
  • 2013年5月より、腹膜透析(PD)の木曜日の診察担当医が変更となります。詳しくは外来担当表をご覧ください。(05/01)
  • 白鷺病院副院長に奥野仙二、田部茂が着任致しました。(04/01)
  • 白鷺診療所院長に山川健次郎が着任致しました。(04/01)
  • 白鷺診療所が新築オープンしました。詳細は白鷺診療所ページをご覧ください。(02/18)
  • 白鷺診療所が新築オープンに伴い、病院泌尿器外来が移転しました。詳細は泌尿器科ページをご覧ください。(02/18)
  • 臨床工学科のページを更新しました。詳細は臨床工学科ページをご覧ください。(02/18)

Topへ

2012年 What’s New

  • 業務拡大のため、看護師および臨床工学技士を募集中。詳細は職員募集ページをご覧ください。(12/20)
  • 職員募集ページに臨床工学科を追加しました。(11/28)
  • 立体駐車場の取り壊しについてのお知らせです。PDF(390KB)(10/24)
  • 2012年9月より、内科の診察担当医が変更となります。詳しくは外来担当表をご覧ください。(09/01)
  • 2012年4月より、内科および腎疾患専門外来の診察担当医が変更となります。詳しくは各科外来担当表をご覧ください。(04/01)
  • 2012年3月より排液中皮細胞診プログラムの診断基準が新しくなりました。詳しくはページをご覧ください。(03/01)
  • 白鷺診療所建替工事に伴い、維持血液透析は休診となります。(2013年1月頃診療再開予定)(03/01)

Topへ

2011年 What’s New

  • 2011年10月より、水曜日の内科の診察担当医が変更となります。詳しくは各科外来担当表をご覧ください。(10/01)
  • 2011年8月1日より、内科および腎疾患専門外来の診察担当医が変更となります。詳しくは各科外来担当表をご覧ください。(08/01)
  • 第22回日本サイコネフロロジー研究会は、2011年5月28日・29日に開催いたしました。多数のご参加をいただきありがとうございました。(05/30)

Topへ

2010年 What’s New

  • 2010年8月2日より透析時間が変更になりました。詳細は血液透析(HD)をご覧ください。(08/02)
  • 2010年7月1日より各科診察担当医が変更となります。各科外来担当表をご覧ください。(07/01)
  • 2011年5月28日・29日の2日間、山川智之を大会長に第22回日本サイコネフロロジー研究会を開催することになりました。(06/08)
  • 夜間深夜帯の電話不通のお知らせ(06/04)
  • 白鷺病院院長に庄司繁市が着任致しました。その他診察担当医等も変更となっております。(04/01)

Topへ

2009年 What’s New

  • ホームページをリニューアルいたしました。(10/01)
  • 『北巽白鷺クリニックの紹介はこちら!(08/03)
  • 2009年8月3日 生野区巽北に『北巽白鷺クリニック』をオープン致しました。(08/03)

Topへ

2008年 What’s New

  • 白鷺病院透析室の透析関連機器が新しくなりました!!(12/01)
  • 「透析患者に対する投薬ガイドライン」を全面改訂しました。(11/11)
  • 看護部、腹膜透析(CAPD)のページをリニューアルしました。(11/01)

Topへ

2006年 What’s New

  • 子育て支援制度について。
  • 白鷺病院にて早朝透析を開始します。(09/16)
  • 特別医療法人に認可されました。
  • 泌尿器科のページがリニューアルオープンしました。
  • 外来担当医および診療開始時間変更のお知らせ。
  • 血管アクセスセンター2診診療開始のおしらせ。
  • 白鷺病院が日本外科学会外科専門医制度関連施設として指定をうけました。
  • ASO(閉塞性動脈硬化症)外来がオープンしました。

Topへ

2005年 What’s New

  • 小路白鷺クリニック泌尿器科外来についてのお知らせ。詳細はこちら
  • 藤井寺白鷺クリニック 火木土(午前)透析オープン。
  • 藤井寺白鷺クリニックのページがオープンしました。詳細はこちら
  • 仁真会個人情報保護のポリシーについて。詳細はこちら

Topへ

2004年 What’s New

  • 藤井寺白鷺クリニックがオープンしました。(07/01) 詳細はこちら
  • 白鷺病院が臨床研修病院に指定されました。
  • (財)日本医療機能評価機構より白鷺病院は認定証の交付を受けました。

Topへ

2003年 What’s New

  • SHIRASAGI REPORT 2002 インターネット版を公開しました
  • 10月、来訪者がのべ200,000人を突破しました!

Topへ

2002年 What’s New

  • 白鷺南クリニックが開院しました。(04/01)

Topへ

2001年 What’s New

  • 臨床工学科のページがオープンしました。(10/04)
  • 白鷺病院附属診療所は「白鷺診療所」に名称変更いたしました。(08/01)
  • 2000年学会研究・発表、論文執筆を掲載しました。(08/01)(研究)
  • 排液中皮細胞診は、予約制になりました。(08/01)
  • 投薬ガイドラインの公開方法を変更しました。
  • 臨床工学技士を若干名募集しています。
  • 看護部のページがオープンしました。(02/13)
  • CAPD排液中皮細胞診の依頼用紙が変更になりました。

Topへ

2000年 What’s New

  • 「第4回 アクセス研究会」は無事終了致しました。たくさんのご来場、ご協力ありがとうございました。(10/29)
  • 「第4回 アクセス研究会」を主催いたします。(10/29)
  • 来訪者がのべ60,000人を突破しました!!(10/06)
  • 医療福祉相談室の「ソーシャルワーカーからのお薦め!」は毎月更新、福祉関連の最新情報を掲載。遅まきながら1月分をアップ。

Topへ

1999年 What’s New

  • 「透析患者への投薬ガイドブック」が薬業時報社より発売されます。詳細はこちら。(9/26)
  • 来訪者がのべ50,000人を突破しました!!(06/10)
  • 白鷺病院は、1999年1月開院25周年を迎えました。
  • 白鷺病院は1999年1月、(財)日本医療機能評価機構より病院機能評価の認定(一般病院種別A)を受けました。詳しくはこちら
  • 平中俊行白鷺病院副院長(外科担当)が「シャントトラブルと人工血管」という内容で6月6日大腎協学習会で講演しました。
  • 6月10・11日札幌で開かれた第49回 日本病院学会において、本ホームページの内容を「専門病院におけるホームページ開設と運用の実際」という演題で紹介しました。
  • 瀬尾敬・白鷺病院附属診療所院長はかねてから病気療養中でしたが、薬石効なく1月31日逝去しました。謹んでおしらせ申し上げます。

Topへ

1998年 What’s New

  • 山本忠司の論文”Morphological studies of methothelial cells in CAPD effluent and theirclinical significance”(CAPD排液中中皮細胞の形態とその臨床的意義)が、 American Journal of Kidney Diseases 1998年12月号の表紙になりました。
  • 来訪者がのべ20000人を突破しました。(12/27)
  • 「透析患者に対する投薬ガイドライン」を全面改訂しました。(10/24)
  • 9月第一週より、予約制のシャント専門外来が新設されます。
  • 「臨時透析のご案内」を掲載しました。(08/11)
  • 当ホームページは、一周年を迎えました。(08/05)
  • 「透析患者に対する投薬ガイドライン」の登録者が200人を突破しました!(06/23)
  • 97年学会・論文の抄録リストを掲載しました。
  • 来訪者がのべ10000人を突破しました。(06/07)
  • 第50回大阪透析研究会にて、透析技術科中西秀紀らの「薬物の透析性に関するin vivostudy」と看護部渡辺 美智子らの「カテーテル固定器材はダウングロースを予防できるか」の 2題が優秀演題に選定されました(第48回より当院の演題が3回連続で選定)
  • 白鷺病院薬剤科が薬業時報社発行の月刊薬事4月号で紹介されました。
  • 1999年度准看護婦募集要項を掲載(03/17)
  • 「透析患者に対する投薬ガイドライン」が薬業時報社発行のMEDIAPEX 第163号(98/3/1)に掲載されました。(ジゴキシンに関する掲載記事の重大な誤りについて-必読!)
  • 1月、当院におけるESWL(体外衝撃波腎尿路結石破砕治療)の総件数が1000例を突破しました。

Topへ

1997年 What’s New

  • 医療福祉相談室のページを掲載しました。(12/27)
  • 「英語版排液中皮細胞診の手技」を掲載しました。(12/01)
  • 1998年度看護婦募集要項を掲載しました。(11/08)
  • 「CAPD研究」のページに排液中皮細胞診の手技をアップしました。(10/03)
  • 透析患者への医薬品投薬に関するデータを掲載した「透析患者に対する投薬ガイドライン」のインターネット版を作成しました。(09/12)

第49回大阪透析研究会(第6回透析骨関節症研究会)は約1400人の参加者により9月7日開催されました。
運営に対するご協力に御礼申し上げますとともに、若干の不手際がありましたことをお詫び申し上げます。

Topへ