倫理綱領/患者さまの権利と責務

倫理綱領

  1. 私たちは、患者それぞれの人格と価値観に重きを置きプライバシーを尊重する。
  2. 私たちは、患者の状態に応じた最も適切で充分な医療が公正に提供されるよう努める。
  3. 私たちは、医療が安全に行われることを最優先とし、安全管理に最大の努力を払う。
  4. 私たちは、医療人として研鑽することで医療の質の向上に努める。
  5. 私たちは、職種間の連携により適切な医療がなされることを認識し、相互の立場を尊重した連携を重視することに努める。

 

患者様の権利と責務

  1. 患者さんは、適切かつ充分な医療を平等に受ける権利を有します。
  2. 患者さんは、ご自分の受ける検査や治療法やその有効性、危険性、他の治療法の有無について説明を受ける権利を有します。
  3. 患者さんは、ご自分の受ける検査や治療について、ご自分の意思と責任に基づき同意・選択・拒否できる権利を有します。
  4. 患者さんは、健康の回復・増進のために学習する権利を有します。
  5. 患者さんは、医療のどの段階においても他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利を有します。
  6. 患者さんは、納得した医療を受けるために、医療者に健康に関する情報を正確に伝える責務があります。
  7. 患者さんは、他の患者さんの治療や職員の業務に支障をきたさないようにする責務があります。